忍者ブログ
趣味の競馬がほとんど。気が向いたらゴルフ、身体を鍛えることなども。
[60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50

3年前が充実期だと思っていたセイコーライコウが、この夏の主役になろうとしている。父クロフネに晩成型のイメージを抱きにくい部分はあるが、主流血統と傍流血統の極端な取り合わせが底力を生み出すことはままある。

この手の配合だと外れも多いが、意外性を発揮する実力馬に育つと渋とい。

こういう復活はいつ見ても嬉しい気分になれる。お帰りなさい。

 

だが、今回はベテラン騎手が主役だった。

上位3頭の鞍上が柴田善臣、横山典弘、岩田康誠ということは、春の東京のクライマックスで活躍したGⅠジョッキーである。

何だが、妙にみんながバーデンバーデンC③の好内容を評価して穴人気していたアンバルブライベンと田中健騎手の逃げ切りだけは絶対に許さないという、恐ろしく強かな戦術があの直線の勝負を決したと考えると、勝負師の腹の内がいかに天の邪鬼であるかがよくわかる。

数々の経験を積み重ねてきたからこそ、春の好結果に繋がったのは間違いない。

 

どの馬もそれほど調子が良かったようには見えなかったが、唯一そこそこ仕上がっていたフォーエバーマークが牝馬であるということはポイントだった。

昨夏の激戦を考慮して、使い出しを晩春にしたのは賢明だったがこの結果である。今後は馬の調子に合わせて使いたい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/18 Wholesale iPhone 7]
[02/17 Cheap iPhone 7]
[02/09 Cheap iPhone 7 For Sale]
最新TB
プロフィール
HN:
nishiki
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

ILLUSTRATION by まんべくん

忍者ブログ [PR]