忍者ブログ
趣味の競馬がほとんど。気が向いたらゴルフ、身体を鍛えることなども。
[114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106

不思議なジンクスを追う

・スプリントシリーズの覇者はアイビスSD勝者ばかり

カノヤザクラやベルカントなどの例を挙げるまでもなく、新潟経由で王者になるのが通例。

それは2000路線もマイルも同じ。唯一、3シリーズ全ての重賞が行われるのだから当然。

 

また、スプリントシリーズに関しては、セントウルSでポイントを稼いだだけでは絶対にチャンピオンになれず、途中経過で一定の加算を重ねた中で、セントウルSも好走していることが条件になる。

これは、セントウルSの勝者が6度、

06、07、08、11、13、14

一方で、アイビスSD優勝馬は9度、

07、08、09、11、12、13、15、16、17

加えて、両方勝利した文句なしのチャンピオンも4度、

07、08、11、13

千直の攻略無くして、王者にはなれぬということだろう。

 

・2000は七夕賞を勝つと後が苦しい

七夕賞から使われて2000王者になった馬は、

17⑥

16①

11①(中山)

09③

08①<同得点も戦績の差で勝利>

07③

 

これ。福島で勝った馬はその後、夏は勝っていないということを示すデータなのだ。

夏の2000路線は、スプリントと大差なく、ローテはタイトになる。

昨年不利を受けたタツゴウゲキがその後、無類の勝負強さで連勝したことが、何とも象徴的なシーンに映る。

 

・結局、中京記念で決まるマイル

フラガラッハ<13>、スマートオリオン、ウインガニオンら、夏のマイル重賞変身後の勝者が、代々王者になっている。

クラレントも中京記念参戦後、新潟の2戦を連勝。

いくらかスピード寄りの馬が有利なのは明白だが、3戦しかないから、良の中京でまず流れを決めるのが定石だ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[02/18 Wholesale iPhone 7]
[02/17 Cheap iPhone 7]
[02/09 Cheap iPhone 7 For Sale]
最新TB
プロフィール
HN:
nishiki
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

ILLUSTRATION by まんべくん

忍者ブログ [PR]