忍者ブログ
趣味の競馬がほとんど。気が向いたらゴルフ、身体を鍛えることなども。
[25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15
何が間違っていたのかは、明白だった。
ゴールドシップは関係ない。
 
フェノーメノの上昇力を、大半のファンが見誤っていたというだけのこと。
だから、何がゴールドシップの敗因だったのかを求めること自体、大して意味はないわけだ。
 
つまり、一番強いのはフェノーメノである、というのが正解だったのだ。
勝ち馬に抵抗をしたのは、1番人気のゴールドシップの方だった、とも言える。
 
完全なる正攻法で、総マークを受けたのはフェノーメノだった。
その他のメンバーは、結局フェノーメノの強さを引き立たせるだけの役回りに終始した。
 
当然、宝塚記念における展望においても、中心はフェノーメノの動きに集約されることになる。
3強は、宝塚記念までGⅠを使わない。
その上、今年はまだGⅠを勝っていない。
 
強い馬が登場した。
驚きである。
 
一瞬にして、勢力図は変化した。
 
その見立てが正しいのかどうかは、2か月後に判明するのだが、順調に使っていた同士が良馬場で雌雄を決する時、人気が適性に則したものであったにも関わらず、その通りの結果にならなかったならば、その時点で序列は入れ替わる。
 
明確でまた残酷な結果をもたらす格が、今年も継承されたということだろう。
それは、盾の重みそのものである。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[02/18 Wholesale iPhone 7]
[02/17 Cheap iPhone 7]
[02/09 Cheap iPhone 7 For Sale]
最新TB
プロフィール
HN:
nishiki
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

ILLUSTRATION by まんべくん

忍者ブログ [PR]