忍者ブログ
趣味の競馬がほとんど。気が向いたらゴルフ、身体を鍛えることなども。
[72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62

ペースが上がらない時の京都外回りの中距離戦は、決まってインをついた馬が有利。

休み明けで折り合いを気にしないといけない馬に岩田が乗って、それが内枠を引いたなら…。

こういうのは、レース後に気付くあるあるのパターン。

 

まあ、それよりは父アドマイヤドンのイメージが強いから、変に売れているので気にも留めなかったけれど、やっぱり悔しいというのがファンの本音だろう。

何故だか、ずっとトライアルから本番にかけてこのレベルの騎手が乗り続けてくれて、休み明けで手替わり必至の古馬GⅡでも当然の如く岩田康誠が騎乗した。上がり33.8秒の豪脚。降参だ。

 

京都では是非ものの特注馬であるフーラブライドと流石にプラス20kgが堪えたアドマイヤのフライトの方が枠を利して馬券圏内に入る展開。

流石はハンデ戦。みんな実力があったにもかかわらず、3頭とも10倍超の盲点的存在だった。

 

それもこれも人気馬が過剰ではないにせよ、期待に応える競馬ができなかったことが大きい。

サトノノブレスが普通の中団から差す競馬をして、もしやベルーフの再現かと思ったが、やっぱり伸びなかった。

気難しさではサッカーボーイ一族と同等だが、競馬に注文が多すぎるのがこの兄弟の欠点。池江師も、これでは喜び半減である。

  

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/18 Wholesale iPhone 7]
[02/17 Cheap iPhone 7]
[02/09 Cheap iPhone 7 For Sale]
最新TB
プロフィール
HN:
nishiki
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

ILLUSTRATION by まんべくん

忍者ブログ [PR]