忍者ブログ
趣味の競馬がほとんど。気が向いたらゴルフ、身体を鍛えることなども。
[96]  [95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86

スプリントでは坂のあるなし、2000Mは皆似たような作りの平坦馬場での争いで勝負が決し、マイルはそれぞれ違う要素が主課題となる。

 

スプリントはローテが重要。

3戦した馬は、スプリンターズSでは出番はないが、優勝の条件は、新潟経由のセントウル締めないし、北海道2戦好走が絶対条件。

 

牝馬は8度優勝で絶対的優位。

新潟経由でないと、本当に人任せの長い待機時間を強いられるため、結局、スプリンターズSを諦めた馬しか生き残れない。

北海道2勝のカレンチャンは、本州3戦のエーシンヴァーゴウのタフさに敗れた。短距離戦は調子のキープが重要ということ。

 

一方、2000Mは新潟以外小回りだから、本州組と北海道組にはっきり分かれる。

何故か昔からコネの強い函館→新潟の流れで連勝したトランスワープのような例は、まずあり得ない。

札幌記念に行かない理由が乏しいからだ。

でも、札幌記念好走馬はほとんど用なし。

スウィフトカレントとエリモハリアー同点も最後が4着と5着で、前者優勝で始まってから、

ユメノシルシ、ミヤビランベリ、ホッコーパドゥシャ、ナリタクリスタル、マーティンボロ

ら、本州組の天下。

 

そもそも函館と札幌では、出てくる役者が違うのである。

連勝したのは、現在のところまでトウケイヘイローだけ。両方勝ったのもあとはエアエミネムくらい。

GⅠで人気にこそなったが勝てなかった辺り、返って嫌われるローテである。本州組にGⅠ獲りまでの野望は、勝つまでは生まれない。

 

マイルはひとまず、中京か新潟で勝たないことにはどうしようもない。

そこで求められるものがあまりに違う上に、最後は中山だから、読めないに決まっている。
 
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[02/18 Wholesale iPhone 7]
[02/17 Cheap iPhone 7]
[02/09 Cheap iPhone 7 For Sale]
最新TB
プロフィール
HN:
nishiki
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

ILLUSTRATION by まんべくん

忍者ブログ [PR]