忍者ブログ
趣味の競馬がほとんど。気が向いたらゴルフ、身体を鍛えることなども。
[95]  [94]  [93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85

今のレース名に変わった10年前から、4年で3頭のGⅠ馬を送り出した夏の福島の名物レース。

他の福島重賞にそんな特徴があるはずもない。

 

このレースを負けていながら、1年半後にジャパンCも制してしまったスクリーンヒーローは、今や、世界レベルの名馬の父として名を馳せている。

ロックドゥカンプに敗れた時、いかにも名前負けした良血馬の代表格のように恥晒しの憂き目に遭っていたのならまだしも、14番人気の2着だったから、むしろ、その血統の良さが好走の要因とされたのも良かったのか。

ウオッカも、あの時敗れた相手もそう。

ヴィクトリーがお先真っ暗な状況になったころ本格化を果たした、世代第四のロベルト系が、07クラシック世代最高の繁殖能力を示しているのだから、何とも皮肉なものだ。

 

その道は、アンビシャスに引き継がれていく。

リアルスティールやドゥラメンテに出会った2月の東京から、ひたすら裏路線を進み、このレースを快勝後は、適性も見て古馬戦線に参戦。

結果は出せなかったが、今春の同期との再戦では、その成果が徐々に現れていった。

 

父の後ろ姿を追いかけるようにして成長していったゴールドアクターは、3歳秋での父超えはならなかったが、翌夏からの条件戦での活躍は、父の名馬物語そっくりそのまま。

祖父だって、よく考えてみたら、似たような戦績であった。

 

ディープとエルコンの配合馬であるアンビシャスには、宝塚惨敗の経験を糧にできる成長力が秘められている。

今年の注目馬は、中山で才能を示し、中山で壁にぶち当たったドリームジャーニー産駒のミライヘノツバサだろうか。
 
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/18 Wholesale iPhone 7]
[02/17 Cheap iPhone 7]
[02/09 Cheap iPhone 7 For Sale]
最新TB
プロフィール
HN:
nishiki
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

ILLUSTRATION by まんべくん

忍者ブログ [PR]