忍者ブログ
趣味の競馬がほとんど。気が向いたらゴルフ、身体を鍛えることなども。
[92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82

週末の産経大阪杯はGⅠの隙間産業である。

 

特に、4歳馬、前年のクラシック競走の好走馬が高確率で好走する。

昨年こそ、4歳のGⅠ馬はショウナンパンドラだけで、5歳のGⅠ馬がワンツーしたが、彼女は秋にはJC馬になった。

前年3着のエピファネイアも同じく。

 

その2014年の4歳クラシック馬ワンスリー決着を含め、過去10年で、メイショウサムソン、ダイワスカーレットとキズナが勝利している。

この10年で3歳GⅠを制した4歳馬の成績は、【3134】とまずまず。

そうではない4歳馬は、【21012】と厳しい。

 

一応、名誉のために3歳GⅠ勝ち馬の言い訳を添えておく。

08 ⑨ヴィクトリー

<4歳牡馬3頭で殿争い>

11 ④ダノンシャンティ

<上位3頭強力同期>

①後の春天馬、②NR秋天②、③ダービー馬

14 ⑦メイショウマンボ

<上位2頭同期>

15 ⑨ショウナンパンドラ

<不良馬場>

 

あとは、ドリジャニ、オルフェ兄弟とGⅠを勝っていない馬だから、1番人気馬のうち、GⅠを勝っている4、5歳馬に限定すると、【3210】というデータを基本線とする予想が、最も手堅い狙い方となる。

今年はキタサンブラックに注目。古馬とも対戦済みだ。

1番人気の経験はないのだが、それは今回もなさそう。

アンビシャス、ラブリーデイ、ヌーヴォレコルトの反応と、ショウナンパンドラ、イスラボニータ、タッチングスピーチの位置取りがポイントの競馬。

マーク薄の押し切りもなくはないだろう。

 

もし、来年以降GⅠ昇格となれば、この傾向は一変する。

最近、多頭数でも人気馬は強いが、彼らは後に2400M以上のGⅠでしか好走していない。

GⅡだと、春の天皇賞の前哨戦なのだ。
 
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/18 Wholesale iPhone 7]
[02/17 Cheap iPhone 7]
[02/09 Cheap iPhone 7 For Sale]
最新TB
プロフィール
HN:
nishiki
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

ILLUSTRATION by まんべくん

忍者ブログ [PR]