忍者ブログ
趣味の競馬がほとんど。気が向いたらゴルフ、身体を鍛えることなども。
[104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97]  [96]  [95]  [94

最近では、ダービー卿CT史上最高の勝ちっぷりで安田記念も制したモーリスが、このレースを境に、自信を深めるきっかけを得て、アジア地区の制覇者にまで駆け上がっていった。

 

少し前だと、ウオッカが1年ぶりに勝利した舞台。

ある意味でのゴールになりがちで、古豪の勝利も他のGⅠに倍して多い安田記念は、若手の登竜門ではなく、能力水準を見極めるための一発試験の性格を持っている。

 

タイキブリザードやブラックホーク、ダイワメジャーなどもそうか。

アグネスデジタルも該当する、何度叩き返されても頑張った故障・長期休養の経験馬などが、凄まじい底力を見せることもあるが、実は例外のケースにも思える。

高齢馬の台頭が目立つのに、ショウワモダンやロゴタイプ、世界のロードカナロアは一発回答の王者奪取だったのである。

だから、本当はリアルインパクトのような異例の3歳馬勝利のようなパターンは、レースのコンセプトとするとむしろ、大歓迎だったりするのだ。

 

ただし、ゴールにしないために大事なこともある。

それは、3角8番手以内の掟。

旧コース時代でも、ノースフライトを除けば、ほぼ間違いなく該当する正攻法の勧めである。

短距離カテゴリーだから、ある程度持続的なスピード能力をここでみせておかないと、直線の瞬発力の差はあっても、他のいかなるカテゴリーのGⅠにも通用しない傾向が出ている。

3角3番手のリアルインパクトは、時を経て、オーストラリアでGⅠを勝った。

総合力をここで示さない限り、先も見通せないこのレースは、GⅠの登竜門ともいうべき指標でもある。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[02/18 Wholesale iPhone 7]
[02/17 Cheap iPhone 7]
[02/09 Cheap iPhone 7 For Sale]
最新TB
プロフィール
HN:
nishiki
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

ILLUSTRATION by まんべくん

忍者ブログ [PR]