忍者ブログ
趣味の競馬がほとんど。気が向いたらゴルフ、身体を鍛えることなども。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11

3年前が充実期だと思っていたセイコーライコウが、この夏の主役になろうとしている。父クロフネに晩成型のイメージを抱きにくい部分はあるが、主流血統と傍流血統の極端な取り合わせが底力を生み出すことはままある。

この手の配合だと外れも多いが、意外性を発揮する実力馬に育つと渋とい。

こういう復活はいつ見ても嬉しい気分になれる。お帰りなさい。

 

だが、今回はベテラン騎手が主役だった。

上位3頭の鞍上が柴田善臣、横山典弘、岩田康誠ということは、春の東京のクライマックスで活躍したGⅠジョッキーである。

何だが、妙にみんながバーデンバーデンC③の好内容を評価して穴人気していたアンバルブライベンと田中健騎手の逃げ切りだけは絶対に許さないという、恐ろしく強かな戦術があの直線の勝負を決したと考えると、勝負師の腹の内がいかに天の邪鬼であるかがよくわかる。

数々の経験を積み重ねてきたからこそ、春の好結果に繋がったのは間違いない。

 

どの馬もそれほど調子が良かったようには見えなかったが、唯一そこそこ仕上がっていたフォーエバーマークが牝馬であるということはポイントだった。

昨夏の激戦を考慮して、使い出しを晩春にしたのは賢明だったがこの結果である。今後は馬の調子に合わせて使いたい。

PR

勝ったアクティブミノルは、断然人気のマイネルエスパス同様、新馬戦を逃げ切り圧勝していたが、勝ち時計では0.3だけエスパスが上回り、上がりでは反対に0.2差アクティブが勝っていた。

加えて、枠順の差も結果に明白な影響を及ぼした。

 

押してでも行こうという気はない松岡騎手跨るエスパスは、先行争いを捌いてから好位につけようとしたが、その間に外から一気にハナに立った藤岡康太騎手のアクティブが、先週と同じことをすればまた楽しく走れることを知っていたかのように、エスパスの動きをブロックした。

 

こうなったら、隙をついて前に出るスペースを確保するしかなくなったエスパスは、しかし、恐らく好位からの競馬もできるだろうアクティブのマイペースにはまり、掛かり通しになって仕掛けのタイミングを逸してしまう。

直線悠々の逃げ込みを図るアクティブに対し、周りにも力のある馬が多くいて終始揉まれる形で苦しい展開に押し込められてしまったエスパス。

開催終盤の競馬を経験しているかの差は、6週目の開催でなら影響は少ない。

引き出しの少ない2戦目の馬の明暗を尻目に、2着したのは3戦目のタケデンタイガーだった。ナリタブライアンやロゴタイプも結果は出なかった舞台。

この日から始まる何かもある。


  
 

きっと、縦目で外した人もいるだろうし、ウインの片方だけは押さえていたけど…、という人も五万といる福島開幕週のメイン。

この夏競馬の風物詩は、今後の先行きをより不安なものにさせたか。

 

結果、またイン強襲が決まった。

牝馬が飛ばす展開は、先行してタフに粘り込む中央場所の重賞一桁着順の馬や、うまくまくって上がっていける小器用な差しタイプに向く展開になる。

何せ、そこは福島の1800Mだ。キレ味はあまり重要視されない。

開幕週だからこういう展開になるわけで、雨が降れば、もっとスローだったらなどといえば、ハンデ戦はどう展開するか推測しきれない。

 

3月に順調に使われていた馬が最後は伸びあぐね、9月時点で既に、いつでもクラシック出走の賞金加算ができる立場だった馬が直線で突き抜ける。

ウインマーレライは、昨夏の福島で初勝利を挙げた馬。進化は遂げられなくとも、誰よりもこの場所が似合う男に成長していた。春モードから完全に頭を切り替えないと、ここでは当たらない構図だった。

 

それにしても、クラリティシチーという馬は…。

きっと、時計が速くなったから届かなかったのだろうが、渋った春の中山とも似たような結果。じれったい。

その他人気勢も、勝ち馬と比べればまだ青かった。
 

こちらは自滅、といったところか。

アジアエクスプレスの敵は己の中にあった。パドック気配のあまりのなさには心配もあったが、それにしてもだ。

しかし、敢えてリーディングジョッキーに苦言を呈するならば、キャリアを考えたら少し一気に課題を与えすぎだろう。

力勝負になればバラけやすいダートの性質は、誰よりも理解しているだろうが、それをする前に内で砂を浴びさせて、馬込みから抜け出す競馬を一度で仕込むのは、それは土台無理な話。

残念ながら、わがままな子供を大人の社会の約束で、無理やりいい子に変身させようとした感じだ。

調教師を含め、これから辛辣な意見を多数頂戴することになるだろうが、ゴールドシップのようなことだけはしないでもらいたい。

 

いい経験になった。それはファンも一緒なのだが…。

枠にケチをつければ…。

後悔先に立たず。授業料が高くついた人には、いい社会勉強となった。

 

一方で、レッドアルヴィスが凄まじいポテンシャルを秘めていることは確認できた。

4月頃の好調さが戻ってきた鞍上とともに、ちょっとありえない3番人気の高評価に有り余る快走という結果は、ある意味説明の必要ない強さだった。これにより、ダートのランクはトップタイ程度の位置付けとなった。立場一変もある。

  

うまく外に出せた2頭が抜け出し、フラガラッハまさかの内目強襲というゴールシーン。

想像以上に難しい決着ではあったが、好メンバーが競った中山記念組は流石。

そこでは見せ場さえ作れなかった2頭が、ここではきっちり優勝争いをしていた。ジャスタウェイ云々とは別に、この組は例え大負けしていたとしても軽視は禁物。

この後に待ち受ける夏の重賞路線では、絶対に外せない。特に、中山記念2、3着馬は、どこで復帰してくるはともかく、どの場面でも狙ってみたい魅力がある。

 

前回は道悪も影響したか、連勝して挑んだものの完敗に終わったエアソミュールだが、それでも高速馬場が合うタイプでもない。

阪神の力勝負で、休み明けながらしっかりと結果を出したわけだから、夏に使い込むのも悪くないけれども、中2週で大舞台に挑んでもらいたい。この日はとても勝負強かった。

 

今回難しい競馬になった要因は、逃げたくないという意思を持つ先行馬が、速くない流れを自重しながら抑えながら進み、最終的には自ら勝手に消耗してしまったためだ。

気難しさも要因だろうし、好調期も短いタイプかもしれない。

こちらは夏に使われても、展開が読み切れないと買いにくい。

 

GⅢ的難解さと、中央場所独特の格が織り交ざる微妙な一戦だった。
   

結局は、行けたらいこうと思っていた馬が行かなかったため、先行馬有利の展開に。人気の外々を回ったグループは伸びあぐねた。

勝ったクリノスターオーは、3走前人気になった際に、エーシンゴールドの復活勝利に花を添える形となってしまったが、その前は3連勝して期待されていた馬。

大概4歳馬は、下から上がってきてもすぐにオープンの壁にぶつかってしまい、どうしても伸び悩んでしまう場合が多い。

前回のアンタレスSがそんな感じ。何もさせてもらえず、ナムラビクターから2.1差の殿負け。

 

そんな馬を誰もマークするわけもなく、人気馬が自分の形にはめようと競馬するのを尻目に、今度は気楽に2番手から抜け出して快勝。3角2番手以内で、馬場が良もしくは稍重であれば3戦3勝。

2着に重巧者と目されていたソロルが突っ込んで、思わぬ波乱となったのだが、普通に考えたら明らかに不当な評価を受けていた同士。

アンタレスSもすんなりと収まったわけじゃないから、そこの二桁着順のグループが巻き返してきても何ら不思議はない。

ただ、大井を展望するとなると…。

遊びがあると幸騎手は話していたが、競馬が上手な分、相手強化で真っ向勝負になった時にはかなり不利な脚質ではある。

ホッコータルマエがいないとしても…。

  

東上最終便は、高速馬場にハイペースのおまけつき。1000M通過はなんと57.7。

前々年が58.0。秋の時代もミホノブルボンが59.1で通過した記録はあるが、レースの指向からしてこれでもハイピッチの部類。扱いに困る競馬だ。

勝ったハギノハイブリッドは、近走こそ目立った時計で走っていなかったが、福寿草特別2着時は2:00.3で駆けている。内・外回りの差はあるが、京都適性も含め、血統面のマイナス材料は相殺されていた。

 

また、その福寿草特別の次に選んだレースまで同じだったガリバルディが、またイマイチ君ぶりを発揮して3着。

サウンズオブアースとの底力の差は否定できず。ハナ差で負ける時ほど明確だ。

 

さて、東の断然人気馬は、体調一歩の気配ながら力の差を見せつける格好で快勝したが、この馬も共同通信杯で皐月賞馬に完敗した口。

そう、この日の主役はみんな共同通信杯組。

イスラボニータ強し。もっと言えば、桜花賞馬は一体…。

 

パワーアップを示せなかったベルキャニオンは、雨馬場で無茶苦茶な展開にでもならないと厳しい。

ハギノハイブリッドも末脚は魅力的だが、血統の持つ偏りの出やすい性質も否定できない。距離を延長して正攻法で戦うとジリジリとしか伸びないかも。

凡走組に妙味あり。

    

速い時計以上に、インパクトの強い結果であった。

レッドアリオンが逃げ、平均より少し厳しめの展開を作る。

その馬を本命にしておいて何だが、きっとエキストラエンドに捕まるなと思った。

直線で、カオスモスに迫られ内にもたれながら懸命に伸びようとするところ、外からやってきたのが、マイル初挑戦のワールドエースと、込み込みの理由で人気を集めたフィエロ。迫力のある叩き合いには満足できた。

 

ディープ祭りの理由を探せば、それは壮絶な時計がもたらす本能の開眼といったところだろう。

人気上位勢がみんな力を出し切り、掲示板に激闘の足跡を残した。

ワールドエースの鞍上シュタルケ騎手は、前日の東京での騎乗でミソがついてしまったが、このレースでは馬の思うように走らせてあげた感じ。

速さの根拠は得てして底力と比例するものだが、力を出して初めて見えてくる本質もある。

勝ち馬は血統の印象より距離に注文がつく、きっと得意の分野が狭いタイプなのかもしれない。

次も無事走れることを祈る。

 

中山牝馬S組2着同着コンビが今回は主役に。

2頭いた500kg越えの馬のうち一頭が、福島牝馬Sを制したケイアイエレガント。パワー型。ただ、血統も何もまるで違うキャトルフィーユがまたついてきた。馬が合うらしい。


  

先週の続きを見せてくれたかのような阪神牝馬S。ユタカスペシャルと呼ぶに相応しいスマートレイヤーの鬼脚に、思わず苦笑いをしてしまった。

終始窮屈な競馬を強いられ、ゴール前やっと外に持ち出し先頭に立ったウリウリからすると、何とも悔しい競馬だった。鞍上にとっては、その何倍も…。

クロフネサプライズも復帰してきて、4歳勢が春の古馬戦線を牽引する流れは何となく見えてきたが、どうも武器が荒々しいので、信用していいか悩んでしまう。古馬戦独特の厳しい展開にどこまで対応できるか、これからよく吟味していきたい。

 

NZTでは、中山マイルらしい厳しい展開で差し脚自慢のショウナンコンビが、見事なマッチレースを披露。追い込みファンには何ともたまらない土曜日だった。

このレースが1分33秒台の決着すると、皐月賞も2分を切る高速決着になる流れが一昨年まで続いていたが昨年は超スローとレースレベルそのものの影響で途切れてしまった

でも、本戦のマイルCにこの競走から勝ち馬を送り込んだ。

 

むしろ、今年のような展開の方が切りなのだ。

57秒台で5F通過の展開を制したNZTの勝ち馬は、中団より前にいた馬が勝たないと本番ではこの組全てが壊滅というデータがある。追い込み競馬のNZTは要注意だ。

  

上位7頭の上がり3Fが、見事に34.6~.8の間に収まるという不思議な決着となった毎日杯。

キレないなりに渋とい脚でゴール前の接戦を制したマイネルフロストは、厳しい函館の重馬場を経験して、たくましさを増し、成長のラインに乗ってきたようだ。

 

ただ、例年の傾向からして今年は外れ年と言われても仕方ない印象もある

完成度や将来性の両面で、チャンピオン候補は見当たらなかった。

 

一方、見なければよかったというような結果だったのが日経賞。

それは、次戦の本番をを見据えると、ウインバリアシオンがここで圧勝してまた人気になってというのでは、この脚質が大きなネックになるからだ。

無事に駒を進めれば、最有力候補なのだからかなり取捨が難しい。

フェノーメノは、休み明けのマイナス体重だったから、事前に過度の期待はできなかったわけだが、それ以外のグループがやっとこさゴールしたシーンは、少し残念に映った。

 

ある意味では、毎日杯と比べてもこちらの方が案外だったとも言える。

天皇賞は人気に騙されず、本当に適性のありそうな馬を見つけ出す作業が難しくなりそうだ。

 

雨のマーチSはソロル。

中山3戦2勝の実績通りに力強く抜け出した。いかにもこういう馬場向き。

ナカヤマは前に行けないなら…、だろう。
  

 

カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[02/18 Wholesale iPhone 7]
[02/17 Cheap iPhone 7]
[02/09 Cheap iPhone 7 For Sale]
最新TB
プロフィール
HN:
nishiki
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R

ILLUSTRATION by まんべくん

忍者ブログ [PR]